논문 상세보기

한국일어교육학회> 일본어교육연구> 台湾における日本語教育の〈不易流行〉 ― 日本語学科の教育目標とオンライン教育の一端 ―

KCI등재

台湾における日本語教育の〈不易流行〉 ― 日本語学科の教育目標とオンライン教育の一端 ―

〈不易流行(Fuekiryukou)〉 of Japanese Language Education in Taiwan: A Study on the Educational Goals and Online Education of the Department of Japanese Language and Culture

楊錦昌 ( Yang Chin-Chang )
  • : 한국일어교육학회
  • : 일본어교육연구 59권0호
  • : 연속간행물
  • : 2022년 05월
  • : 27-39(13pages)
일본어교육연구

DOI

10.21808/KJJE.59.02


목차

1. 〈不易流行〉と日本語教育
2. 台湾における日本語教育の概観
3. 「日本語文學系」の日本語教育
4. 「日本語文學系」のオンライン教育の概要
5. 台湾における日本語教育〈不易流行〉と課題
参考文献
WEB資料
付録

키워드 보기


초록 보기

台湾の高等教育は、2002年の大学統一入試の廃止、2010年の核心的な能力の要請、2016年のグローバル人材育成の提示、2019年の「108年課程綱要」の導入の各過程を経て教育改革が進められて来た。また、2021年5月から10月までの間、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でおよそ4ヶ月半にわたってオンライン授業が行われた。当初、全面的にオンライン授業を実施することが求められた時、教師も学生も直ちに対応することが困難であった。このように時代が変化し、時代のそれぞれの時期に応じて、それに見合った社会的要請も絶えず変化する環境では、日本語教育の現場において、各時代や時期に応じて、それに見合った能力、または養成すべき不変的な能力は何かという課題について再考が求められている。そこで、日本近世文学の〈不易流行〉という概念を、台湾における日本語教育に当てはめ、台湾における日本語教育の〈不易流行〉について考察を試みた。
具体的には、まず台湾における日本語教育機関を概観し、次に、台湾において日本語教育を代表する最も伝統のある「日本語文學系」の教育目標や養成すべき核心的な能力、そしてコロナ禍に応じたオンライン教育の一端を例としてあげながら、それに分析を加えた。こうして、台湾における日本語教育の現状を見据え、今後の在り方を提示することによって、台湾における日本語教育現場の教育目標、養成すべき核心的な能力、カリキュラムが再検討されるべき課題であることを明らかにした。
また、絶えず流動する未来に着実に対応できるリベラルアーツ教育が日本語教育の現場において欠かせないものであるという観点も併せて提示した。
Taiwan's higher education system has been undergoing reforms since the abolition of the standardized university entrance exam in 2002, the demand for core competencies in 2010, the presentation of global human resource development in 2016, and the introduction of the Master Framework for the 12-year Basic Education Curriculum Guidelines in 2019. In addition, from May to October 2021, online classes were held for about four and a half months due to the novel coronavirus outbreak. It was difficult for teachers and students to respond to online classes fully. When time changes and social demands are constantly change, Japanese language education needs to reconsider which skills are appropriate for each time period and should be cultivated. In this paper, I attempted to apply the concept of the "不易流 行(Fuekiryukou, immutability)" of Pre-Modern Japanese Literature to Japanese language education in Taiwan.
This paper first gives an overview of Japanese language education institutions in Taiwan, followed by an analysis of the educational goals and core competencies that should be cultivated in the most traditional Department of Japanese Language and Culture which represents Japanese language education in Taiwan. In addition, this paper provides examples of online education in respond to the COVID-19 pandemic. Current status of Japanese language education in Taiwan is analyzed. And this study suggests what future perspective should be. The analysis suggests that the educational goals, core competencies to be cultivated, and curriculum of Japanese language education in Taiwan need to be reexamined.
In addition, the paper presents the viewpoint of a liberal arts education that can respond to constant flux which is essential in the field of Japanese language education.

UCI(KEPA)

간행물정보

  • : 어문학분야  > 일어일문학
  • : KCI등재
  • :
  • : 계간
  • : 1598-4311
  • :
  • : 학술지
  • : 연속간행물
  • : 2001-2022
  • : 724


저작권 안내

한국학술정보㈜의 모든 학술 자료는 각 학회 및 기관과 저작권 계약을 통해 제공하고 있습니다.

이에 본 자료를 상업적 이용, 무단 배포 등 불법적으로 이용할 시에는 저작권법 및 관계법령에 따른 책임을 질 수 있습니다.

59권0호(2022년 05월) 수록논문
최근 권호 논문
| | | |

KCI등재

1표지

저자 : 한국일어교육학회

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 1-1 (1 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

2SAMRモデルからコロナ禍の授業のオンライン化を考える ― 複雑化する教室と教師にとっての21世紀スキルとは ―

저자 : 藤本かおる ( Fujimoto Kaoru )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 7-24 (18 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

3台湾における日本語教育の〈不易流行〉 ― 日本語学科の教育目標とオンライン教育の一端 ―

저자 : 楊錦昌 ( Yang Chin-Chang )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 27-39 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

台湾の高等教育は、2002年の大学統一入試の廃止、2010年の核心的な能力の要請、2016年のグローバル人材育成の提示、2019年の「108年課程綱要」の導入の各過程を経て教育改革が進められて来た。また、2021年5月から10月までの間、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でおよそ4ヶ月半にわたってオンライン授業が行われた。当初、全面的にオンライン授業を実施することが求められた時、教師も学生も直ちに対応することが困難であった。このように時代が変化し、時代のそれぞれの時期に応じて、それに見合った社会的要請も絶えず変化する環境では、日本語教育の現場において、各時代や時期に応じて、それに見合った能力、または養成すべき不変的な能力は何かという課題について再考が求められている。そこで、日本近世文学の〈不易流行〉という概念を、台湾における日本語教育に当てはめ、台湾における日本語教育の〈不易流行〉について考察を試みた。
具体的には、まず台湾における日本語教育機関を概観し、次に、台湾において日本語教育を代表する最も伝統のある「日本語文學系」の教育目標や養成すべき核心的な能力、そしてコロナ禍に応じたオンライン教育の一端を例としてあげながら、それに分析を加えた。こうして、台湾における日本語教育の現状を見据え、今後の在り方を提示することによって、台湾における日本語教育現場の教育目標、養成すべき核心的な能力、カリキュラムが再検討されるべき課題であることを明らかにした。
また、絶えず流動する未来に着実に対応できるリベラルアーツ教育が日本語教育の現場において欠かせないものであるという観点も併せて提示した。


Taiwan's higher education system has been undergoing reforms since the abolition of the standardized university entrance exam in 2002, the demand for core competencies in 2010, the presentation of global human resource development in 2016, and the introduction of the Master Framework for the 12-year Basic Education Curriculum Guidelines in 2019. In addition, from May to October 2021, online classes were held for about four and a half months due to the novel coronavirus outbreak. It was difficult for teachers and students to respond to online classes fully. When time changes and social demands are constantly change, Japanese language education needs to reconsider which skills are appropriate for each time period and should be cultivated. In this paper, I attempted to apply the concept of the "不易流 行(Fuekiryukou, immutability)" of Pre-Modern Japanese Literature to Japanese language education in Taiwan.
This paper first gives an overview of Japanese language education institutions in Taiwan, followed by an analysis of the educational goals and core competencies that should be cultivated in the most traditional Department of Japanese Language and Culture which represents Japanese language education in Taiwan. In addition, this paper provides examples of online education in respond to the COVID-19 pandemic. Current status of Japanese language education in Taiwan is analyzed. And this study suggests what future perspective should be. The analysis suggests that the educational goals, core competencies to be cultivated, and curriculum of Japanese language education in Taiwan need to be reexamined.
In addition, the paper presents the viewpoint of a liberal arts education that can respond to constant flux which is essential in the field of Japanese language education.

KCI등재

4オンライン授業とオフライン授業の等質性に関する検証 ― 「基礎日語」の授業を例として ―

저자 : 毋育新 ( Wu Yu-Xin )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 41-48 (8 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

5台湾における「日本文化」の教学実践 ― 学習成果をいかに向上させるか ―

저자 : 黄翠娥 ( Huang , Tsui-O

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 51-63 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

学習者の学習成果の向上及び評価は、もともと教育の中心的な課題であるが、近年、高等教育においては、さらに人的、財政的資源の投入によって、さらなる追求が求められている教育目標でもある。 学習効果の向上に対応するべく評価内容は具体的にはどうなるのであろうか。それは専門知識の習得以外に、学習スキルとしての読解力、聴解力、文章表現力、口述表現力に加えて、これからは批判的思考力が要求される。さらに企業が求める大学卒業生の「仕事の倫理·態度·技能」力を満たすために、「社会的適応力」(自己管理、問題分析·解決能力、チームワーク精神、コミュニケーション能力、創造力などの中核的条件)の強化も挙げられる。
本論文は、以上の問題意識に基づき、ブルームの認知的領域の6つの教育目標、ヴィゴツキーの社会的認知発達理論の中の足場かけ(scaffolding)理論と反転授業及び学習評価用としてのルーブリック評価(Rubrics)などの教学理論の導入を通して、学習者の学習成果の向上を図ろうとする方法の提案を目指すものである。
ある程度の成果を得たとはいえるが、改善したりしなければならない所も何点かある。その中で、特に学習者による社会的適応力についての評価では、創造力の方はもっとも低い評価であるため、創造力に対する客観的な評価方法などを探求すべきである。さらに、学習者の研究発表は国連の持続可能な開発目標(SDGs)と結びつけることも今後の努力の方向とする。


Improving and assessing the learning outcomes of learners has always been a central issue in education. And, in recent years, it is also an educational goal that needs to be further pursued in higher education by investing more human and financial resources. What exactly will be the content of evaluation in order to respond to the improvement of learning effectiveness? In addition to the acquisition of specialized knowledge, critical thinking skills will be required in addition to reading comprehension, listening comprehension, written expression, and oral expression as learning skills. Furthermore, in order to meet the work ethic, attitude, and skill capability of university graduates required by companies, the enhancement of 'social adaptability' (core requirements such as self-management, problem analysis and solving, teamwork spirit, communication skills, and creativity) is also mentioned.
Based on the above issues, this program aims to propose a method to improve learners' learning outcomes through the introduction of Bloom's six educational goals in the cognitive domain, Vygotsky's scaffolding theory in the theory of social cognitive development and teaching theories such as flipped classroom and rubrics for learning evaluation.
Although we can say that we have achieved some results, there are some points that need to be improved. In particular, the evaluation of learners' social adaptability is the lowest for creativity. An objective evaluation method for creativity will be explored. In addition, the presentation of the learners' research will be linked to the Sustainable Development Goals (SDGs) of the United Nations as a direction for future efforts.

KCI등재

6養成段階で日本語教員としての「態度」はいかに涵養できるか ― ケース·メソッド授業による実践の分析 ―

저자 : 鴈野恵 ( Karino Megumi )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 67-84 (18 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は,日本語教員に必要な資質·能力の一つである「態度」の涵養をケース·メソッド授業により試みた実践の分析である。文化庁(2019)では,授業を行うための知識と技能とは別に,「学習者の言語·文化を尊重する」のような態度という概念が立てられ,7項目が示された。「態度」(attitude)とは体験を通じ体制化された準備状態で(Allport,1935),座学では得られない。そのため,インターンシップといった体験の場が有効と言えるだろうが,それを学生全員に提供することは困難である。そこで,本稿ではケース·メソッド授業により疑似体験の場を創り出し,対話を通した省察活動を行った。
ケース·ライティングは初任教師へのコンフリクト場面の聞き取り調査に基づき行った。授業は全6回で10名の参加学生が少人数対話を行った。また対話前後に省察文を課し,形式はALACTモデル(コルトハーヘン,2001/2010)を基盤とした。
事後アンケートによると,全員が複眼的視点を持つようになり,概ね上首尾であった。また,省察文の分析では,他の参加学生の言及から新たな視点を獲得する等,省察を深めたことが明らかになった。
課題は,参加学生の多様性が欠けた場合,新たな視点の提示の機会が少なく対話の限界が見られること,「本質的な諸相への気づき」の有無をどう線引きするかという点の議論の不足という2点である。 細部の修正の必要性は残されているものの,ケース·メソッド授業が「態度」涵養への一つの道筋となりうる可能性も示唆されていることから,今後も検討を継続する。


This study analyzes the practice of cultivating 'attitude', which is one of the qualities and abilities necessary for Japanese language teachers, through the case method class. In the Agency for Cultural Affairs (2019), the concept of attitude, such as 'respect for learners' language and culture', was established apart from the knowledge and skills for teaching, and seven items were presented. Attitude is a state of readiness that is regulated through experience (Allport, 1935) and cannot be acquired through classroom learning. This is why internships can be effective, but it is difficult to provide them to all students. Therefore, in this paper, the case method is used to create a place of simulated experience and reflective activities were conducted through dialogue.
The case writing was based on interviews with beginning teachers about conflict situations. The class consisted of six sessions of small group dialogue with ten participating students. The format of the class was based on the ALACT model (Korthagen, 2001/2010).
According to the post-lecture questionnaire, all students gained a multifaceted perspective, and were generally successful. The analysis of the reflective essays revealed that the students deepened their reflections by gaining new perspectives from the references of other participating students.
There are two challenges: the lack of diversity among the participants means that there are few opportunities to present new perspectives, which limits the dialogue; and there is a lack of discussion about how to draw a line between the presence and absence of 'awareness of essential aspects'. However, it is suggested that the case method class may be one of the ways to cultivate 'attitude'.

KCI등재

7ソーシャルネットワーキングアプローチ(SNA)によるCOIL型日韓異文化交流学習 ― Flat Stanleyバーチャル·ホームステイプログラム ―

저자 : 検校裕朗 ( Kenko Hiroaki ) , 長島倫子 ( Nagashima Noriko ) , 東本裕子 ( Tomoto Yuko )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 85-104 (20 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

2019年末以降の新型コロナウイルス感染症の拡大により、外国語教育は避けられない困難に直面し、大きな変革を迫られた。韓国の大学で日本語学習者の多くは、パンデミック以前は旅行や留学、 ワーキングホリデーなどを通じて、実践的な日本語を直接身につけるさまざまな機会があったが、パンデミックによってそのような異文化に触れる場が突然失われ、学生のモチベーションをいかに維持するかという課題が浮き彫りになった。
そこで、筆者らは代替的な国際連携活動として、Flat Stanley Projectを採用し、2021年7月に韓国と日本の3大学の学生間でバーチャル·ホームステイを実施した。Flat Stanley Projectは、Jeff Brown氏の絵本に基づいた昔ながらのペンパル形式のコミュニケーション活動で、参加者の文化や日常生活、観光地、地元の食べ物などを紹介するプロジェクトであり、世界中の生徒やESL学習者に人気がある。
筆者らの研究のユニークな点は、Flat Stanley Projectから着想を得て、「Flat Stanleyバーチャル·ホームステイプログラム」と題したCOIL型日韓異文化交流学習を実施した点である。また、本プログラムの実施においてはソーシャルネットワーキングアプローチ(SNA)に基づいて設計した。自分たちでFlat Stanleyの紙人形を作り、ホストファミリーに郵送するのではなく、Zoomで相手と会い、相手のことを思い浮かべながらStanley人形を作った。また、本プログラムの実施後に行った参加学生のアンケートの回答を分析した結果、本プログラムは、学生の異文化理解を深め、学習対象言語(日本語と英語)を使う機会を提供し、また、Stanley人形が参加者のアバターとして存在することで、パートナーの学生間の絆を強めることができた。


Sudden loss of intercultural occasions due to the COVID-19 outbreak has highlighted the challenges of how to keep the motivation of the students who study foreign languages. As a possible internationally collaborative activity under the pandemic, the authors have adopted the Flat Stanley project and had their students enjoy a virtual homestay program between Korea and Japan in July, 2021.
The Flat Stanley project is known as a pen-pal style activity popular among younger students and ESL learners all over the world. It is based on the storybooks written by Jeff Brown, and the project requires interactive commitment such as introducing participants' culture, typical lifestyle, sightseeing spots, local foods and so on.
The uniqueness of this study lies in that it was inspired by the Flat Stanley Project and implemented a COIL (Collaborative Online International Learning)-type cross-cultural exchange study titled the "Flat Stanley Virtual Homestay Program". In addition, this program was designed based on the Social Networking Approach (SNA) and the authors have adopted its style while conducting the program. Instead of making their own Flat Stanley paper dolls and sending them by postal mail to their hosting partners, the students met their partners via Zoom and made Stanley dolls based on the images of their partners.
The results show this program deepened the students' intercultural understanding and offered opportunities of using the languages they are learning (Japanese and English), and also strengthened the bond between the partner students largely due to the existence of Stanley dolls as their own avatars.

KCI등재

8メール文に見られる用件の切り出し方の比較 ― タスクの種類および使用表現に注目して―

저자 : 金蘭美 ( Kim Ran-mi ) , 金庭久美子 ( Kaneniwa Kumiko ) , 金玄珠 ( Kim Hyon-ju )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 105-117 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿では、用件の切り出しの有無は読みやすさという読み手配慮に直結するものと考え、メール文を対象にどのように用件を切り出しているかについて調べた。本研究では、韓国人日本語学習者(以下K)30名と日本語母語話者(以下J)30名を対象に10種類のタスクを与え収集した600件のデータを用いる。10種類のタスクは留学生が遭遇する場面と読み手を想定したものである。
タスクの種類および母語別に比較を行った結果、用件を切り出す際の表現や出現数に違いが見られた。まず、母語別の比較の結果、JのほうがKより用件の切り出しを使用する傾向があることが明らかになった。また、用件の切り出しが現れやすいタスクの共通点を調べた結果、①読み手との関係が「疎」の関係であること、②読み手への負担度が高いこと、③用件の詳細を述べる必要があること、④相手からの情報を前提とするメールである、ということが考えられた。これらの条件を基準にタスク別の用件の切り出しの使用有無を調べた結果、①~④のうち、3つ以上当てはまるタスクの場合は用件の切り出しが多いことがわかった。さらに、用件の切り出しの際に用いられる表現を調べた結果、両者が用いた表現は類似していたものの、Kには用件の切り出しの際に連用中止形の使用が全く見られなかった。また、敬語の誤りや丁寧度が低い話し言葉の使用が見られた。
以上の結果から、読み手との関係、負担度、詳細の必要性、前提情報の条件がそろえば用件の切り出しをする必要があり、用いられる表現としては、相手が「疎」の関係の場合は丁寧度に留意し、連用中止形を用いて述べるなど文体にも注意を払うように指導する必要があると思われる。


This article investigates the method of stating the purpose in emails, based on the understanding that whether the purpose is stated will be directly connected with the consideration for readers in terms of readability. Ten types of tasks have been given to 30 Korean learners of Japanese and 30 native Japanese speakers to collect and analyze 600 emails. The ten types of tasks reflect both the hypothetical situations that may be encountered by international students and the hypothetical recipients.
As a result of comparison by types of tasks and by the participants' native language, a difference has been observed in the method of stating the purpose and the number of items of the purpose that appeared. When compared by the participants' native language, native Japanese speakers have a strong tendency to state the purpose in the beginning part of the emails, compared to Korean learners of Japanese. In addition, the common conditions of the tasks for which the purpose is more likely to be stated are as follows: (i) the sender is not close to the reader; (ii) the reader has a significant burden; (iii) it is necessary to state the purpose in detail; and (iv) the email is based on the information obtained from the reader. The analysis of the expressions used to state the purpose demonstrates that both native Japanese speakers and Korean learners of Japanese use similar expressions. However, no renyo-chushi form has been found in the expressions used by Korean learners of Japanese to mention business, and some honorific errors and colloquial expressions with low formality have been observed.

KCI등재

9캐릭터 애니메이션을 활용한 한일 어휘교육 방안연구 ― 빅데이터 분석결과를 바탕으로 ―

저자 : 金惠娟 ( Kim Hye-youn )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 119-132 (14 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

본 연구에서는 외국어 교육에 있어서, 어휘 교육의 중요성을 인식하고, 또, 어휘 교육에 있어서는 어휘뿐만 아니라 목표 언어의 문화도 함께 학습해야 한다는 입장에서, 효과적인 한일 어휘 교육 방법에 대해 생각해 보았다.
본 연구에서는 빅데이터를 활용하여 객관적인 어휘목록을 선정하며, 캐릭터 애니메이션을 제작하여, 이를 활용한 한국어와 일본어의 어휘 및 이문화교육의 구체적인 교육방안의 일례를 제시하는 것을 목적으로 한다.
구체적으로는 '문화요소추출시스템'과 '문화이미지프레임망'의 두 개의 시스템을 이용하여, 해당 어휘가 들어간 짧은 문장을 만들어, 이 문장을 캐릭터 애니메이션으로 제작했다. 또, 캐릭터 애니메이션을 활용하여 한일 어휘교육에 활용해 보고자 하였다.
캐릭터 애니메이션 제작 순서는 다음과 같다. 첫 번째 단계는 '문화요소추출시스템'을 활용하여, 해당 어휘와 연관성이 높은 어휘를 추출하여, 짧은 문장을 만든다. 두 번째는 '문화이미지프레임망'에서 해당 어휘의 이미지를 분석한다. 그리고, 마지막으로, 문장과 문장의 이미지가 반영된 움직이는 캐릭터 애니메이션을 제작한다.
또, 본 연구에서는 움직이는 캐릭터 애니메이션을 활용한 한일 어휘교육 방법의 일환으로써, '어휘 빈도 순위'와 '주제어 관련 어휘 빈도 순위'를 바탕으로 한 한일 어휘교육 방법의 일례를 제시하였다.


This study considered effective methods of Korean-Japanese vocabulary education with a focus on the importance of vocabulary in foreign language learning as the culture of a target language needs to be learned to build vocabulary.
This study utilizes big data to compile an objective list of vocabulary, produce character animation(s), and present a concrete way to learn Korean-Japanese vocabulary and culture related to languages.
Based on the cultural element mining system (CEMS) and cultural image frame network (CIFN), a short sentence containing a certain word was composed, and an animation based on the sentence was created. In addition, this study attempted to use character animation for Korean-Japanese vocabulary learning.
The procedure of making a character animation is as follows. First, using CEMS, words closely related to a certain word are extracted to compose a short sentence. Second, CIFN analyses the image of the word. Lastly, a moving character animation that reflects the image of the sentence is produced.
In addition, this study presented an instance of Korean-Japanese vocabulary education, based on word frequency and related word rankings, as a method of such learning through a moving character animation.

KCI등재

10外国人材向けの企業横断型ケース学習実践の意義と課題 ― 多様な背景の参加者間の対話による学び ―

저자 : 金孝卿 ( Kim Hyo-gyung )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 133-147 (15 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

最近、日本では、日本社会の少子高齢化による人手不足を解消するために、外国人労働者の受け入れが進められている。それに伴い、外国人留学生の就職支援を始め、企業の受け入れ環境整備のための様々な支援が行われている。日本語教育においては、従来の狭い意味でのビジネス日本語教育から脱却し、日本語を使って仕事をするために必要な幅広いコミュニケーション能力を養成するための教育方法や産学連携による取り組み等が提案されるようになった。しかしながら、個別企業を越えた外国人材のコミュニティ形成を支援する取り組みはまだ少ない。
本研究は、日本企業で働く外国人材を対象とした企業横断型ケース学習の実践において、討論における参加者間のやりとりの内容に焦点を当て、当該実践の意義と課題を考察するものである。ケース学習における参加者の話し合いの文字化データを対象に、題材のケースについて、どのような観点から問題を捉え、問題解決の方策を見出すかという観点から分析を行った。分析の結果から、次のことを明らかにした。第一に、参加者は、構成員間のコミュニケーション上の期待や認識のズレ、職務に関する情報や仕事の進め方についての知識の不足を主な問題として捉えていた。第二に、問題解決の方策について、構成員の気持ちや情報のギャップの解消や、仕事の進め方の改善につながる具体的な行動を見出していた。最後に、企業横断型ケース学習実践の意義と課題について考察を述べた。


Recently, in Japan, the invitation of foreign workers has been promoted to solve the labor shortage caused by the declining birthrate and aging population in Japanese society. Along with this, various forms of support for improving the environment for accepting companies, including employment support for international students, have been provided. In Japanese language education, it is recommended to break away from the traditional Japanese language education in a narrow sense and propose educational approaches and industry-academia collaboration efforts to develop a wide range of communication skills necessary for working. However, there are still few approaches to the support needed in building a community of foreign workers beyond individual companies.
This study focuses on the content of exchanges between participants in discussions in the cross-company practice of case-based learning for foreign workers working in a Japanese company and considers the significance and challenges of the practices. I clarified from what perspectives the problem should be grasped and linked to problem-solving strategies for the case, targeting the transcription of the discussions of the participants. From the results of the analysis, the following was clarified. First, the participants identified the gaps in perceptions and expectations on communication among the members, the lack of knowledge about job, and how to proceed with the work as the main problem. Secondly, regarding problem-solving, they found concrete actions that would lead to the elimination of the gaps in the feelings and information of the members and the improvement of the way of working. Finally, in the discussion, I considered the significance and challenges of the cross-company practice of case-based learning.

12
권호별 보기
같은 권호 다른 논문
| | | | 다운로드

KCI등재

1표지

저자 : 한국일어교육학회

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 1-1 (1 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

2SAMRモデルからコロナ禍の授業のオンライン化を考える ― 複雑化する教室と教師にとっての21世紀スキルとは ―

저자 : 藤本かおる ( Fujimoto Kaoru )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 7-24 (18 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

3台湾における日本語教育の〈不易流行〉 ― 日本語学科の教育目標とオンライン教育の一端 ―

저자 : 楊錦昌 ( Yang Chin-Chang )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 27-39 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

台湾の高等教育は、2002年の大学統一入試の廃止、2010年の核心的な能力の要請、2016年のグローバル人材育成の提示、2019年の「108年課程綱要」の導入の各過程を経て教育改革が進められて来た。また、2021年5月から10月までの間、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でおよそ4ヶ月半にわたってオンライン授業が行われた。当初、全面的にオンライン授業を実施することが求められた時、教師も学生も直ちに対応することが困難であった。このように時代が変化し、時代のそれぞれの時期に応じて、それに見合った社会的要請も絶えず変化する環境では、日本語教育の現場において、各時代や時期に応じて、それに見合った能力、または養成すべき不変的な能力は何かという課題について再考が求められている。そこで、日本近世文学の〈不易流行〉という概念を、台湾における日本語教育に当てはめ、台湾における日本語教育の〈不易流行〉について考察を試みた。
具体的には、まず台湾における日本語教育機関を概観し、次に、台湾において日本語教育を代表する最も伝統のある「日本語文學系」の教育目標や養成すべき核心的な能力、そしてコロナ禍に応じたオンライン教育の一端を例としてあげながら、それに分析を加えた。こうして、台湾における日本語教育の現状を見据え、今後の在り方を提示することによって、台湾における日本語教育現場の教育目標、養成すべき核心的な能力、カリキュラムが再検討されるべき課題であることを明らかにした。
また、絶えず流動する未来に着実に対応できるリベラルアーツ教育が日本語教育の現場において欠かせないものであるという観点も併せて提示した。

KCI등재

4オンライン授業とオフライン授業の等質性に関する検証 ― 「基礎日語」の授業を例として ―

저자 : 毋育新 ( Wu Yu-Xin )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 41-48 (8 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기

KCI등재

5台湾における「日本文化」の教学実践 ― 学習成果をいかに向上させるか ―

저자 : 黄翠娥 ( Huang , Tsui-O

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 51-63 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

学習者の学習成果の向上及び評価は、もともと教育の中心的な課題であるが、近年、高等教育においては、さらに人的、財政的資源の投入によって、さらなる追求が求められている教育目標でもある。 学習効果の向上に対応するべく評価内容は具体的にはどうなるのであろうか。それは専門知識の習得以外に、学習スキルとしての読解力、聴解力、文章表現力、口述表現力に加えて、これからは批判的思考力が要求される。さらに企業が求める大学卒業生の「仕事の倫理·態度·技能」力を満たすために、「社会的適応力」(自己管理、問題分析·解決能力、チームワーク精神、コミュニケーション能力、創造力などの中核的条件)の強化も挙げられる。
本論文は、以上の問題意識に基づき、ブルームの認知的領域の6つの教育目標、ヴィゴツキーの社会的認知発達理論の中の足場かけ(scaffolding)理論と反転授業及び学習評価用としてのルーブリック評価(Rubrics)などの教学理論の導入を通して、学習者の学習成果の向上を図ろうとする方法の提案を目指すものである。
ある程度の成果を得たとはいえるが、改善したりしなければならない所も何点かある。その中で、特に学習者による社会的適応力についての評価では、創造力の方はもっとも低い評価であるため、創造力に対する客観的な評価方法などを探求すべきである。さらに、学習者の研究発表は国連の持続可能な開発目標(SDGs)と結びつけることも今後の努力の方向とする。

KCI등재

6養成段階で日本語教員としての「態度」はいかに涵養できるか ― ケース·メソッド授業による実践の分析 ―

저자 : 鴈野恵 ( Karino Megumi )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 67-84 (18 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は,日本語教員に必要な資質·能力の一つである「態度」の涵養をケース·メソッド授業により試みた実践の分析である。文化庁(2019)では,授業を行うための知識と技能とは別に,「学習者の言語·文化を尊重する」のような態度という概念が立てられ,7項目が示された。「態度」(attitude)とは体験を通じ体制化された準備状態で(Allport,1935),座学では得られない。そのため,インターンシップといった体験の場が有効と言えるだろうが,それを学生全員に提供することは困難である。そこで,本稿ではケース·メソッド授業により疑似体験の場を創り出し,対話を通した省察活動を行った。
ケース·ライティングは初任教師へのコンフリクト場面の聞き取り調査に基づき行った。授業は全6回で10名の参加学生が少人数対話を行った。また対話前後に省察文を課し,形式はALACTモデル(コルトハーヘン,2001/2010)を基盤とした。
事後アンケートによると,全員が複眼的視点を持つようになり,概ね上首尾であった。また,省察文の分析では,他の参加学生の言及から新たな視点を獲得する等,省察を深めたことが明らかになった。
課題は,参加学生の多様性が欠けた場合,新たな視点の提示の機会が少なく対話の限界が見られること,「本質的な諸相への気づき」の有無をどう線引きするかという点の議論の不足という2点である。 細部の修正の必要性は残されているものの,ケース·メソッド授業が「態度」涵養への一つの道筋となりうる可能性も示唆されていることから,今後も検討を継続する。

KCI등재

7ソーシャルネットワーキングアプローチ(SNA)によるCOIL型日韓異文化交流学習 ― Flat Stanleyバーチャル·ホームステイプログラム ―

저자 : 検校裕朗 ( Kenko Hiroaki ) , 長島倫子 ( Nagashima Noriko ) , 東本裕子 ( Tomoto Yuko )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 85-104 (20 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

2019年末以降の新型コロナウイルス感染症の拡大により、外国語教育は避けられない困難に直面し、大きな変革を迫られた。韓国の大学で日本語学習者の多くは、パンデミック以前は旅行や留学、 ワーキングホリデーなどを通じて、実践的な日本語を直接身につけるさまざまな機会があったが、パンデミックによってそのような異文化に触れる場が突然失われ、学生のモチベーションをいかに維持するかという課題が浮き彫りになった。
そこで、筆者らは代替的な国際連携活動として、Flat Stanley Projectを採用し、2021年7月に韓国と日本の3大学の学生間でバーチャル·ホームステイを実施した。Flat Stanley Projectは、Jeff Brown氏の絵本に基づいた昔ながらのペンパル形式のコミュニケーション活動で、参加者の文化や日常生活、観光地、地元の食べ物などを紹介するプロジェクトであり、世界中の生徒やESL学習者に人気がある。
筆者らの研究のユニークな点は、Flat Stanley Projectから着想を得て、「Flat Stanleyバーチャル·ホームステイプログラム」と題したCOIL型日韓異文化交流学習を実施した点である。また、本プログラムの実施においてはソーシャルネットワーキングアプローチ(SNA)に基づいて設計した。自分たちでFlat Stanleyの紙人形を作り、ホストファミリーに郵送するのではなく、Zoomで相手と会い、相手のことを思い浮かべながらStanley人形を作った。また、本プログラムの実施後に行った参加学生のアンケートの回答を分析した結果、本プログラムは、学生の異文化理解を深め、学習対象言語(日本語と英語)を使う機会を提供し、また、Stanley人形が参加者のアバターとして存在することで、パートナーの学生間の絆を強めることができた。

KCI등재

8メール文に見られる用件の切り出し方の比較 ― タスクの種類および使用表現に注目して―

저자 : 金蘭美 ( Kim Ran-mi ) , 金庭久美子 ( Kaneniwa Kumiko ) , 金玄珠 ( Kim Hyon-ju )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 105-117 (13 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿では、用件の切り出しの有無は読みやすさという読み手配慮に直結するものと考え、メール文を対象にどのように用件を切り出しているかについて調べた。本研究では、韓国人日本語学習者(以下K)30名と日本語母語話者(以下J)30名を対象に10種類のタスクを与え収集した600件のデータを用いる。10種類のタスクは留学生が遭遇する場面と読み手を想定したものである。
タスクの種類および母語別に比較を行った結果、用件を切り出す際の表現や出現数に違いが見られた。まず、母語別の比較の結果、JのほうがKより用件の切り出しを使用する傾向があることが明らかになった。また、用件の切り出しが現れやすいタスクの共通点を調べた結果、①読み手との関係が「疎」の関係であること、②読み手への負担度が高いこと、③用件の詳細を述べる必要があること、④相手からの情報を前提とするメールである、ということが考えられた。これらの条件を基準にタスク別の用件の切り出しの使用有無を調べた結果、①~④のうち、3つ以上当てはまるタスクの場合は用件の切り出しが多いことがわかった。さらに、用件の切り出しの際に用いられる表現を調べた結果、両者が用いた表現は類似していたものの、Kには用件の切り出しの際に連用中止形の使用が全く見られなかった。また、敬語の誤りや丁寧度が低い話し言葉の使用が見られた。
以上の結果から、読み手との関係、負担度、詳細の必要性、前提情報の条件がそろえば用件の切り出しをする必要があり、用いられる表現としては、相手が「疎」の関係の場合は丁寧度に留意し、連用中止形を用いて述べるなど文体にも注意を払うように指導する必要があると思われる。

KCI등재

9캐릭터 애니메이션을 활용한 한일 어휘교육 방안연구 ― 빅데이터 분석결과를 바탕으로 ―

저자 : 金惠娟 ( Kim Hye-youn )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 119-132 (14 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

본 연구에서는 외국어 교육에 있어서, 어휘 교육의 중요성을 인식하고, 또, 어휘 교육에 있어서는 어휘뿐만 아니라 목표 언어의 문화도 함께 학습해야 한다는 입장에서, 효과적인 한일 어휘 교육 방법에 대해 생각해 보았다.
본 연구에서는 빅데이터를 활용하여 객관적인 어휘목록을 선정하며, 캐릭터 애니메이션을 제작하여, 이를 활용한 한국어와 일본어의 어휘 및 이문화교육의 구체적인 교육방안의 일례를 제시하는 것을 목적으로 한다.
구체적으로는 '문화요소추출시스템'과 '문화이미지프레임망'의 두 개의 시스템을 이용하여, 해당 어휘가 들어간 짧은 문장을 만들어, 이 문장을 캐릭터 애니메이션으로 제작했다. 또, 캐릭터 애니메이션을 활용하여 한일 어휘교육에 활용해 보고자 하였다.
캐릭터 애니메이션 제작 순서는 다음과 같다. 첫 번째 단계는 '문화요소추출시스템'을 활용하여, 해당 어휘와 연관성이 높은 어휘를 추출하여, 짧은 문장을 만든다. 두 번째는 '문화이미지프레임망'에서 해당 어휘의 이미지를 분석한다. 그리고, 마지막으로, 문장과 문장의 이미지가 반영된 움직이는 캐릭터 애니메이션을 제작한다.
또, 본 연구에서는 움직이는 캐릭터 애니메이션을 활용한 한일 어휘교육 방법의 일환으로써, '어휘 빈도 순위'와 '주제어 관련 어휘 빈도 순위'를 바탕으로 한 한일 어휘교육 방법의 일례를 제시하였다.

KCI등재

10外国人材向けの企業横断型ケース学習実践の意義と課題 ― 多様な背景の参加者間の対話による学び ―

저자 : 金孝卿 ( Kim Hyo-gyung )

발행기관 : 한국일어교육학회 간행물 : 일본어교육연구 59권 0호 발행 연도 : 2022 페이지 : pp. 133-147 (15 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

最近、日本では、日本社会の少子高齢化による人手不足を解消するために、外国人労働者の受け入れが進められている。それに伴い、外国人留学生の就職支援を始め、企業の受け入れ環境整備のための様々な支援が行われている。日本語教育においては、従来の狭い意味でのビジネス日本語教育から脱却し、日本語を使って仕事をするために必要な幅広いコミュニケーション能力を養成するための教育方法や産学連携による取り組み等が提案されるようになった。しかしながら、個別企業を越えた外国人材のコミュニティ形成を支援する取り組みはまだ少ない。
本研究は、日本企業で働く外国人材を対象とした企業横断型ケース学習の実践において、討論における参加者間のやりとりの内容に焦点を当て、当該実践の意義と課題を考察するものである。ケース学習における参加者の話し合いの文字化データを対象に、題材のケースについて、どのような観点から問題を捉え、問題解決の方策を見出すかという観点から分析を行った。分析の結果から、次のことを明らかにした。第一に、参加者は、構成員間のコミュニケーション上の期待や認識のズレ、職務に関する情報や仕事の進め方についての知識の不足を主な問題として捉えていた。第二に、問題解決の方策について、構成員の気持ちや情報のギャップの解消や、仕事の進め方の改善につながる具体的な行動を見出していた。最後に、企業横断型ケース学習実践の意義と課題について考察を述べた。

12
주제별 간행물
간행물명 최신권호

KCI등재

일본어교육
100권 0호

KCI등재

일본연구
92권 0호

東硏(동연)
11권 0호

KCI등재

일본근대학연구
76권 0호

KCI등재

일어일문학연구
121권 0호

KCI등재

일본어교육연구
59권 0호

KCI등재

일본연구
91권 0호

KCI등재

일본어교육
99권 0호

KCI등재

일어일문학연구
120권 0호

KCI등재

일본근대학연구
75권 0호

KCI등재

일본어교육연구
58권 0호

KCI등재

일본어교육
98권 0호

KCI등재

일본연구
90권 0호

KCI등재

일어일문학연구
119권 0호

東硏(동연)
10권 0호

KCI등재

일본근대학연구
74권 0호

KCI등재

일본어교육연구
57권 0호

KCI등재

일본어교육연구
56권 0호

KCI등재

일본어교육연구
55권 0호

東硏(동연)
9권 0호
발행기관 최신논문
자료제공: 네이버학술정보
발행기관 최신논문
자료제공: 네이버학술정보

내가 찾은 최근 검색어

최근 열람 자료

맞춤 논문

보관함

내 보관함
공유한 보관함

1:1문의

닫기