논문 상세보기

한일민족문제학회> 한일민족문제연구> 역사 속 재일조선인 의료와 복지의 한계-현재의 코로나19 속 상황에서 1920년대 전반 오사카방면위원회의 존재적 한계 보기-

KCI등재

역사 속 재일조선인 의료와 복지의 한계-현재의 코로나19 속 상황에서 1920년대 전반 오사카방면위원회의 존재적 한계 보기-

Koreans in Japan who lived beyond medical and welfare in history

김인덕 ( Kim In-duck )
  • : 한일민족문제학회
  • : 한일민족문제연구 40권0호
  • : 연속간행물
  • : 2021년 06월
  • : 87-118(32pages)
한일민족문제연구

DOI


목차

Ⅰ. 머리말
Ⅱ. 도항과 1920년대 오사카 재일조선인의 삶과 지역에서의 인식
Ⅲ. 오사카방면위원회의 재일조선인과 식민주의의 본질 : 사회복지와 의료의 경우
Ⅳ. 맺음말

키워드 보기


초록 보기

現在地球はコロナ19の危機の中にある。こうした危機は本質的であり、我々の暮らしの現像的側面に対する部分的、臨時的、外面的収集策では絶対克服できないという事実を感知しなければならない。公害と感染、自然の破壊、そして伝染病の伝染につながる現像は、韓国の社会が自然環境であるという側面の本質的制限である。このような問題は個人の次元ではなく社会的、ひいては地球的次元のことと、歴史的、特に哲学的論議は切實といえる。
歴史の中で見ると、伝染病と社会福祉は国家と資料の問題のみにの位置づけにはならない。特に在日朝鮮人にとって社会福祉は外傷的に存在したと見える。歴史的に見ると、国家と資料を統制しなければ、破局の道を歩んでしまった記録が多く存在する。とりわけ軍国主義日本がこれを示す代表的存在と思う。
生は死を前に提議するときに本源的意味があるといえる。こんな人間は構造の中の日常を生きてゆく。在日朝鮮人にとってその世界は単純構造ではなく、集團的統制の中で共同体構成員として生きていったのである。彼らにとって日常は罪の悪に思えるかもしれない。
渡港した在日朝鮮人は、都市の下位社会に編入された。彼らは部落民と同等な水尊であるか、これを下回る困難層として存在した。彼ら在日本人の暮らしは始まりからトラウマだった。日常で彼らが安全な居住空間を確認保するのは絶代容易ではなかった。すると、在日朝鮮人は社会福祉の対象で在らなければならなかった。
しかし、方面委員会を通して大阪府の社会福祉事業は、朝鮮の人々を構造的かつ本質的に差別し、社会福祉の名前は無実であった。結局、在日朝鮮人は、社会福祉と医療の死角地に存在しなければならいた。
このように、日帝は帝國の構造の中で、植民主義を被壓迫狀態の植民地民に制して日本社会の中在日朝鮮人を福祉以外の空間に位置づけていった。どうやら、大阪府の方面委員会は、その実とすることができる。在日朝鮮人は対象化されている中で、統制の対象として存在した。この研究は、日常の医療と福祉の植民地的限界と、統制構造の反人道と危險性を指摘するための小さな試みです。
Currently, the Earth is in the midst of a crisis of covid-19. We must recognize that such a crisis can never be overcome by a partial, temporary, or external remedy for the phenomenon aspects of our lives in nature. The phenomenon that leads to pollution, contamination, destruction of nature, and the creation of infectious diseases are another pattern of intrinsic limitations that our society is deviating from. Such a problem is not at the individual level, but at the social and even global level, and historical and especially philosophical discussions are urgently needed.
In history, infectious diseases and social welfare do not result only in problems of state and capital. In particular, social welfare seems to have been traumatic for Koreans in Japan. Historically, if the state and capital are not controlled, there are many records that have led to a catastrophe. In particular, I think militaristic Japan is a representative of this.
Life can be said to strengthen its original meaning when it presupposes death. Such a human being lives his daily life in a structure. For Koreans living in Japan, the world was not just a structure but a member of a community under collective control. For them, daily life may have been considered a sin.
Korean residents in Japan were incorporated into lower-class urban communities. They existed as poor people who were equal to or below the level of the villagers. The lives of these Koreans in Japan have been traumatized from the beginning. It was never easy for them to secure a stable living space in their daily lives. Then, Koreans in Japan should have existed as an object of social welfare. However, the Osaka government’s social welfare project through a welfare committee has structured and essentially discriminated against Koreans from Japan. The name of social welfare was a nameless one. In the end, Koreans in Japan had to exist in blind spots of social welfare and medical care.
As above, Japan forced colonialism to the oppressed colonists in the structure of the empire and established itself in a space other than welfare for Korean residents in Japanese society. In a way, the Osaka Prefecturel welfare Committee is the very essence. Korean residents in Japan were subject to control while being targeted. This study is a small attempt to point out the colonial limitations of everyday health care and well-being and the anti-humanity and risks of the control structure.

UCI(KEPA)

I410-ECN-0102-2022-300-000672765

간행물정보

  • : 사회과학분야  > 정치/외교학
  • : KCI등재
  • :
  • : 반년간
  • : 1598-8414
  • : 2733-9025
  • : 학술지
  • : 연속간행물
  • : 2001-2021
  • : 346


저작권 안내

한국학술정보㈜의 모든 학술 자료는 각 학회 및 기관과 저작권 계약을 통해 제공하고 있습니다.

이에 본 자료를 상업적 이용, 무단 배포 등 불법적으로 이용할 시에는 저작권법 및 관계법령에 따른 책임을 질 수 있습니다.

41권0호(2021년 12월) 수록논문
최근 권호 논문
| | | |

KCI등재

1신문 보도를 통해 본 조선 내 관동대지진 '희생자' 추도 주체의 변화와 그 함의-1923년에서 해방까지-

저자 : 배영미 ( Bae Young-mi )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 5-46 (42 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

朝鮮における震災犠牲者の追悼は9月、朝鮮人と日本人がともに水災·震災犠牲者両方を弔うことから始まった。11、12月には各地の青年会が主体として該当地域の犠牲者をはじめとする朝鮮人犠牲者を追悼し、震災地から生きて返ってきた地域出身者の経験談を聞くことができた。
1周年を迎えた1924年の追悼会は、青年会、労働·農民、社会主義団体など各種社会運動団体が追悼の主体として参加し、記念日闘争の一環として展開された。そのため、中途解散、開催禁止、追悼文押収、主導者の検挙といった警察の弾圧が加わった。そして東京の罹災朝鮮同胞慰問班の朝鮮人被害状況および虐殺の実態調査結果発表を受けた、震災状況報告がなされたことが共通の特徴といえる。
このように圧倒的な物理力を動員した植民地当局の統制と弾圧にもかかわらず、小さいながらも意味のある亀裂をつくりながら、朝鮮人による追悼会は展開された。しかし1925年以降、朝鮮内の追悼の主体は在朝日本人へ、追悼の対象は犠牲者全般へと転換した。
在朝日本人が主体となったことによって、朝鮮における震災犠牲者の追悼は日本内地の影響を強く受けるようになった。天皇の詔書に基づいた社会教化事業が行われ、震災を「禍を転じて福となす」機会として、朝鮮人犠牲者を「内鮮融和」の促進剤として認識したのも、日本内地の認識とさほど変わらない。このような状況のなか、朝鮮では慣れない仏教式追悼に加え、虐殺の加害者であった在郷軍人会が参加し、神社参拝と「皇室遥拝」を行い、伊藤博文をまつる博文社で開かれる追悼会において、朝鮮人もはや追悼の主体にも対象にもなれ得なかった。
30年代半ばからは侵略戦争のために「銃後の精神」を強調する性格があらわになった。震災後の「復興」にたとえてアジア侵略戦争を正当化し、震災の犠牲者と戦没者を等しく追悼し、「皇軍の武運長久」を祈るにいたった。9月1日は侵略戦争での勝利のために心機一転する、無数の記念日のひとつに過ぎず、朝鮮人はおろか日本人犠牲者を弔う姿も見つからない。
解放後、朝鮮人虐殺の記憶はよみがえった。しかし1946年9月2日、在日本朝鮮人連盟ソウル委員会と反日運動者救援会が主催した追悼会以降、1982年、日本の教科書歪曲問題に触発され、ソウルで慰霊祭と後援会が開かれるまで、韓国社会で関東大震災と朝鮮人虐殺は公論化されなかった。
100周年を2年後に控えた今日、1925年以降長らく奪われていた、または放置していた追悼の主体と対象、虐殺の記憶を取り戻す必要があるだろう。それができてはじめて、100年前の小さな亀裂を大きくし、今もどこかで続いている暴力的支配に抗う民衆たちに歴史的正当性を与え、彼らとともに歴史の主体として立ち直ることができよう。


In September, the memorial service for the victims of The Great Kanto Earthquake in Korea began with Koreans and Japanese mourning both the flood victims and the earthquake victims. In November and December, youth associations from all over the country held a memorial service for the victims of the region and other Koreans, and they were able to hear the experiences of survivors.
On the 1st anniversary, the 1924 memorial service was conducted as part of the anniversary struggle, with various social movement groups such as youth associations, labor, farmers, and socialist groups participating in the memorial.
In this way, a memorial service for Koreans was held with a small but meaningful crack in the control and oppression of the Japanese imperialism, which mobilized overwhelming physical force. However, since 1925, the host organization of domestic memorial service has been converted to the Japanese, and the target has been converted to the entire victim.
As the Japanese in Korea became the host, the way of mourning in Korea was strongly influenced by Japan. Based on the emperor's edict, Social indoctrination projects are carried out, The earthquake's disaster was recognized as the opportunity of a fortune, and Korean victims as a promoter of reconcillation between Korean and Japanese. In such a situation, the Veterans Association, which was the perpetrator of the massacre, participated in memorial services, held a memorial service at Bakmunsa Temple to honor Ito Hirobumi, and Koreans could no longer be the host or target of memorial service.
From the mid-30s, the phase of emphasizing the spirit of '銃後' for the war of aggression has been revealed explicitly. Comparing to the “revival” after the earthquake, the war of invasion in Asia was justified, the victims of the earthquake and the war dead were enshrined on the same line, and they prayed for the “武運長久 of the Imperial Army.” September 1st was only one of the countless anniversaries of turning a chance of 心機一轉 for victory in the war of aggression, and even Japanese victims, let alone Koreans, cannot be mourned.
After 1945 liberation, the memories of the Korean massacre were revived. However, after a memorial service hosted by the Seoul Committee of Choryeon and the Anti-Japanese Movement Salvation Association on September 2, 1946, the Great Kanto Earthquake and the massacre of Koreans were not publicized in Korean society until a memorial service and lecture were held in Seoul in 1982.
Two years before the 100th anniversary, shouldn't we properly regain the memories of the host, object, and massacre of memorial services that have been taken or neglected for a long time since 1925. By doing so, it is believed that the small cracks of 100 years ago will be expanded, giving historical legitimacy to the people who protest against violent domination that continues somewhere.

KCI등재

2화태청경찰부문서(樺太庁警察部文書)를 통해 본 식민지 조선 남성의 신장(身長) 추세

저자 : 조영준 ( Cho Young-jun )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 47-82 (36 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

植民地朝鮮の経済が成長したことは統計によって実証されている。しかし、経済成長の始まりがいつからだったかについては議論の余地がある。また、民族別の分配については論争が続いている。このような問題を解決するため、本研究では植民地期の朝鮮人の身長を分析し、趨勢を考察した。資料はロシア国立公文書館所蔵の南樺太警察の文書を活用した。植民地期には、日本人に比べて朝鮮人成人男性の身長が平均的に高かった。しかし、日本人の身長が趨勢的に変わらなかったのに比べ、朝鮮人男性の身長は減少した。そのような減少は炭鉱労働者中心の標本の偏倚によるものとは思えない。回帰分析の結果、1900年代生まれの人より1910年代生まれの人の身長が低かったことが分かった。これは1910年代に比べ1920年代に生活水準が下落した可能性を示唆している。しかし、このような分析結果が産業化パズルに該当するのか、それとも標本抽出偏倚によるものなのかは断定し難い。今後、より多くの事例が発掘され、議論が本格化するきっかけとなることを期待する。


Statistics show that the economy of colonial Korea has grown. However, there is debate as to when economic growth began. Controversy over the distribution of ethnic groups also continues. In order to solve these problems, this study examined the stature and trend of Korean male adults during the colonial period. The data is based on the documents of the Sakhalin-area Police Department in the Russian National Archives. During the colonial period, adult Korean men were taller on average than Japanese. However, the height of Korean male is decreasing while the height of Japanese remains almost the same. Such a decrease does not appear to be due to bias in coal miner-centered samples. Regression showed that people born in the 1910s were shorter than those born in the 1900s. This suggests that living standards may have fallen in the 1920s compared to the 1910s. However, it is difficult to determine whether the results are related to the industrialization puzzle or due to sampling bias. It is hoped that more cases will be collected and discussions will begin in the future.

KCI등재

3해방 이후 후쿠오카시(福岡市) 재일 사회 형성사(形成史)-항만 주변 암시장과 '바라크촌'을 중심으로-

저자 : 박미아 ( Park Mi-ah )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 83-123 (41 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

福岡市は日本の大都市のうち、韓国の釜山から最も近い場所に位置している。福岡県には日帝強占期末期に強制動員が行われた代表的な産業の拠点である炭鉱、鉱山、軍需工場が多く、在日朝鮮人の流入が多い地域であった。しかし、本稿の研究対象である福岡市は商業都市であったため、戦前と戦後を比較した際、在日朝鮮人の生活空間の変容には大きな違いがある。植民地期に形成された日本各地の在日朝鮮人集住地域は解放を機に帰国や産業構造の変動による大規模な移動が生じたことで解体もしくは新たな形成の過程を経たのであるが、福岡市は独自形態の在日コミュニティを形成した。
解放直後における福岡市の在日朝鮮人社会は闇市と「バラック村」が互いに密接な関係を持っていた。主に鉱工業が集中していた福岡県北部地域は、植民地時代においては労働者が集中したことから朝鮮人社会が形成されたのに対し、商業都市だった福岡市は相対的に朝鮮人が少なかった。しかし、敗戦と同時に福岡市にある博多港が主要な帰国港となったことから、日本各地の在日朝鮮人が通過する拠点となった。帰国が順調に進まなかったことに伴って長期間待機せざるを得ない状況が発生し、朝鮮人は臨時居住地となった博多港で生計を立てていた。
港湾近隣の河川に朝鮮人が集中する「バラック村」が形成され、渡航場の仮収容所に出現した闇市を中心に経済活動が展開された。「バラック村」居住者は労働者の集団合宿所である飯場を運営することで土木·港湾労働者を調達·雇用し、密造酒製造、豚飼育、廃品回収·古物収集などを主な生業とした。こうした職種は日本社会における経済活動の末端に従事した在日朝鮮人の典型的な職業である。
1950年代初めから各種の物資統制が解除され、闇市も自然に消滅することとなったが、在日朝鮮人はますます窮乏することとなった。日本経済が戦後を乗り越え、繁栄の一途をたどったのに対し、福岡の「バラック村」は貧困状態に留め置かれた在日朝鮮人の現実を反映していた。スラムの様相を呈した「バラック村」は日本社会における「朝鮮人バッシング」の標的として、また、韓国社会には「悲惨な在日韓国人の実態」という形で紹介されることもあった。
また、「バラック村」にも祖国の分断が影響を及ぼしていた。河川の両岸はそれぞれ総連系と民団系に分かれて南北政府を支持し、政治的に対立していた。総連系住民は早期に撤去と移転を断行したことから、1960年代に「バラック村」を抜け出し、近隣の新たな居住地に定着することができた。「金平団地」と呼ばれるこの団地は、福岡で在日朝鮮人の代表的な生活·政治共同体として定着することとなった。
一方、「バラック村」に残った者による開発と移転には10年以上の時間差が生じた。これは「バラック村」の住民各々の利害関係や意見が衝突したためであった。「金平団地」は総連を中心に形成された団地だったため、朝鮮語の使用や政治的見解の表出および行動において明確な特徴を見せていた。しかしながら、南北間の勢力変化や在日社会の世代交代が進むにつれ、団地の性格も時期ごとに変容している。時間の経過に伴ってその属性が希薄化する傾向にあるエスニック·グループの現実を反映するものと言えよう。


Among the large cities in Japan, the City of Fukuoka in Fukuoka Prefecture is the nearest city from Busan, Korea. From the colonial period, Fukuoka Prefecture had been the important labor market for Koreans due to scattered coal mine and munitions industry. The City of Fukuoka was a more commerce city than other places in Fukuoka Prefecture so that there is little room for Koreans who couldn't compete with Japanese merchants and the city was not populated with Koreans.
After the war, Hakata Port in Fukuoka was designated major repatriation port which made Fukuoka one of the most crowded city with Koreans and Japanese returnees. However, the waiting for repatriation not smooth and temporary residence became settlement with several reasons.
During this period, they built 'barrack village' surrounding both banks of Ishido River, Naka River and near the port areas. And also, they were looking for jobs and food in black markets. Some of the residents of 'barrack village' run group dorms for the blue-collar workers, hired harbor workers, and worked mainly in the manufacture of illicit liquor, raising pigs, collecting waste articles and secondhand goods. These occupations were the representative jobs of Koreans in Japan(Zainichi) who worked at the lowest part of economic hierarchy.
Since the early 1950s, the black market had disappeared and Koreans faced more desperate situation. Fukuoka's 'barrak village' reflected such reality of Koreans in Japan who were in poor environment regardless the prosperity of the Japanese economy after the war. In addition, these slums were introduced to Korean society in the form of “disastrous reality of Koreans in Japan” and became the targets of 'Korean bashing' in Japan.
On the other hand, 'barrak village' displayed the reality of the division of Korea Peninsula. The banks of the river are divided into Chongryon(총련) and Mindan(민단). Residents who supported Chongryon were very zctive for demolitiond and relocation of 'barrak village' from earlier stage. And as a result, they were able to move out of 'barrak village' and settled in a new neighborhood in the 1960s. So-called 'Kanehira Complex' had become a representative place which showed the life styles and political characters of Koreans in Japan of Fukuoka. Since the complex was formed around Chongryon, it showed a clear tendency to use Korean lanuage and expressd its political views and actions.
The development and relocation of other 'barrak villages' took more than a decade, because the interests and opinions of the residents of the villagers were different. However, as the political environment between the two Koreas and the generation changes, the characteristics of the complex vary according to the periods. This reflects the reality of ethnic groups whose attributes eventually fade over time.

KCI등재

4야마노구치 바쿠(山之口貘)의 문학 공간과 인식적 거리-오키나와와 도쿄, 그 사이에 선 시인-

저자 : 조정민 ( Cho Jung-min )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 125-151 (27 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は沖縄出身の詩人山之口貘の文学空間と彼が認識した故郷への距離感について考察したものである。那覇で生まれた山之口貘が東京で本格的な文筆活動をはじめたのは1925年ごろからである。この時期の日本は関東大震災(1923)や世界恐慌(1929)により、慢性的な不況が人々の生活を襲っていたが、特に沖縄の農村部では極度の不況のため多くの農民が野生の蘇鉄を食糧にした末、命を失ってしまうことが多発していた。沖縄県民の貧しい暮らしは結局のところ差別の根拠となってしまったが、このような状況のなかで、沖縄から離れ東京へ移動した山之口貘は自分の出自や故郷を表現する方法を模索するための努力を重ねていた。彼の詩における沖縄は否定と肯定が同時に成立する場所であり、矛盾にみちた描写でしか表現し得ない空間として表象される。のみならず、人生観(恋愛や結婚観)や他者(朝鮮人)認識においても相反する眼差しが投影されていた。いわゆる異化と同化のあいだで、アイデンティティの拡散や故郷の喪失、不安定な未来などについて悩んできた彼の境界的な経験は、沖縄について語っていながらも同時に語りきれないことを示唆していた。


This study assessed the aspects of the literary space perceived by the Poet Baku Yamanoguchi of Okinawa. He was born in Okinawa and started his writing activities in earnest in Tokyo. The time when Baku Yamanoguchi wrote, living in Tokyo is the period when cognitive interaction and discourse became concrete as the view of the main land of Japan on Okinawa and Okinawa's view of the main land of Japan crossed. Baku Yamanoguchi's literary world that could not but have physical and cognitive distances from both Tokyo and Okinawa could not but be placed in multiple locations in which he could not belong to either accordingly. In addition, sometimes, he took on a task that he should reproduce his innate environment in a strange way. In his poems, Okinawa was represented as a place where denial and affirmation could be established simultaneously or space that could hardly be expressed without contradictory language. His boundary experiences in which he repeatedly had identity confusion and loss of self, sought orientations and had missing views describe Okinawa, but it is desperately impossible to pass on the information about Okinawa.

KCI등재

5이회성 『다듬이질하는 여인』론-민족의 딸, 장술이 그리고 어머니상의 기억 사이에서-

저자 : 최순애 ( Choi Soon-ae )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 153-180 (28 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

『다듬이질하는 여인』은 1971년 6월 『계간예술』 제18호에 발표되어 이듬해 1월 제66회 아쿠타가와상을 수상한 작품이다. 재일 외국인 최초의 아쿠타가와상 수상으로 일본 사회에 재일 조선인의 현실을 문학을 통해 알리는 계기가 된다. 그에게 있어 아쿠타가와상 수상은 지금까지와는 다른 자아의 획득이며, 작가로서 살아갈 선언이라고 할 수 있다. 그의 정치적 사상의 변천이라는 결단은 식민지에서 해방되었지만 사상적으로 <남>이냐 <북>이냐를 택해 재일조선인·한국인 작가로 살아갈 수밖에 없는 새로운 정치적 우울의 반증이라고 할 수 있다. 『다듬이질하는 여인』은 작가 자신이 몸 담아 온 정치적 사상에서 벗어나 '조직'과 '개인'의 대립적 입장을 취하면서 새로운 민족성이라 할 '인간성 회복과 민족성 평등의 주장'을 펼친 재일조선인 문학의 출발점이 되는 작품이다. 조국 분단, 가족 이산, 일본 사회를 살아가는 작가가 처한 혼돈의 입장에서 써낸 소설임을 염두에 두면서 일제 식민지를 살았던 다듬이질 하는 어머니를 재조명하는 데 초점을 맞췄다. 본 작품에 대한 종래의 연구가 <재일조선인 문학이, 가장 깊이 계승해 온 조선인으로서의 민족성>에 비중을 두어, 「나」의 어머니를 <민족의 딸>로 논해 왔지만, 본 논문에서는 『다듬이질하는 여인』의 어머니에 대한 기억의 재구성을 통해서 「조선인에게 있는 고유의 민족성」을 계승하면서 주체적인 개인의 삶을 살고자한 재일조선인 여성의 근대성과 강인한 잠재성을 살펴보았다. 해방 이후 이회성이 몸담고 있던 총련을 떠나지만, 민족성을 계승하면서 주체적인 개인의 삶을 살고자한 작가의 삶에 수렴시켜 겹쳐 볼 수 있다는 것을 분석하였다. 어머니에 대한 근대적 자아라는 젠더 회복의 시도는 작가의 <인간성 회복>과 <민족성 평등의 주장>과 맞물리며 서로 수렴되면서는 複眼的인 시각에서 쓰여진 재일조선인문학으로 가치 있는 작품임을 본 논문을 통해 논증했다.


“The Woman who do the laundry” was highly praised by the Akutagawa Prize Selection Committee in Japan as a work to promote Korean literature in Japan. For him, winning the Akutagawa Prize was a chance to change his identity, how he live as a writer, and a declaration of living as himself. Decision to change his political color also express his depression from choosing one side of them, which he has to choose between “South” and “North” as living a Korean-Japanese writer.
“The Woman who do the laundry” is starting point for Korean literature in Japan, which narrate the conflict between the standpoint of “organization” and “individual”, at the same time narrate recovery of humanity and argument of Ethnic equality by dispel his political ideology.
In a chaotic situation that writer has been through the division of the motherland, the separate of families, it focuses on re-illuminating the “mother” in “The Smoothing Woman”, who lived in Japanese colonial rule.
Previous studies in this work have focused on the “Korean literature in Japan is a national characteristics of Koreans living in Japan” and discussed [my] mother as the “daughter of the ethnic”, but in this paper, through the reconstructing of [my] mother's memory, I try to describe how the individual life shapes between the binding of the national characteristics of Koreans living in Japan and being independent.
This paper proves that Lee's work is worthy Korean literature in Japan that narrate recovery of humanity and argument of Ethnic equality, which declares that he is a writer who transcends political ideology and lives in a gap between national character and individual character.

KCI등재

6고(故) 강덕상 선생님을 추모하는 글

저자 : 한일민족문제학회

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 41권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 181-190 (10 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기
1
권호별 보기
같은 권호 다른 논문
| | | | 다운로드

KCI등재

1일제 경찰기구의 위생 선전

저자 : 최재성 ( Choe Jae-seong )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 5-53 (49 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

日本の朝鮮統治が30年が過ぎた時点で、30年以上の間に衛生思想の普及のためにいくつかの施策を実施したにもかかわらず、伝染病にかかった患者数と死亡者数は大幅に減らなかった。
朝鮮で衛生観念の普及のために帝國主義日本の警察は怖がらせてなだめる「ニンジンと鞭」施策を展開した。なだめる施策は、時間と空間を活用した宣伝活動である。特定の時間を設定して集中宣伝する方法は、「衛生デー」や「防疫週間」などの運営である。一定の空間に大衆を集め宣伝する方法は、各種「展覧会」の開催などである。
京城で衛生展覧会が初めて開催された1921年末にも、5年前に比べて伝染病患者数は1.7倍程度増加した。患者数は約1500人程度増加した。5年後の1926年には、患者数と死亡者数の両方減少した。その間に1922年から京城と地方の衛生展覧会、1924年の蠅展覧会、そして各地の「衛生デー」の設定、運営があった。1926年の伝染病患者数の減少は、これらの活動の影響と言えるかもしれませんが、5年後の1931年までに再び増加傾向があります。
1933年防疫展覧会と防疫週間の設定が同時に行われた後、統計を見ると、1936年にも1931年に比べて患者数と死亡者数の両方若干の増加を示す。患者数は約18%、死亡者数は31%増加した。上昇曲線の傾きは1920年代に比べて緩やかだったが、増加は依然として続いていた。コレラは減少効果があった。
1930年代後半には、衛生デーと防疫週間が設定され、運営されていましたが、1941年の伝染病患者数と死亡者数の両方が増加しました。5年前より各各35%,21%増加した。1942年には1年前より患者数,死亡者数,死亡率ともに若干減少を示した。減少傾向の逆転に最大の貢献をした伝染病は、天然痘だった。代わりに、1942年には発疹チフス患者数と死亡者数が大幅に増えたが、天然痘の統計数値がその増加を相殺した。
結核患者関連の統計は着実に増加現象を見せた。入院患者·外来患者·治療延日数の三方1931年比で1939年の統計は、それぞれ3.5倍、4.5倍、2.87倍に激増した。1936年には結核予防週間と1938年の結核予防デー設定運営、1939年の結核予防展覧会はすべて、このような結核患者激増への対応だったとすることができる。しかし、1942年の健民運動週間にもまだ結核撲滅が主な目標であったことから分かるように、結核問題は依然として大きな問題であった。

KCI등재

2시정오년기념조선물산공진회와 1910년대 식민지 조선-공진회 개최 과정과 일본인사회의 협찬활동-

저자 : 이동훈 ( Yee Dong-hoon )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 55-86 (32 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿では、1915年(大正4)の秋に京城で開催された「始政五年記念朝鮮物産共進会」は、施政五年間の「進歩改善」を可視化することで、植民地支配の正当性を宣伝する装置であった。同じ時期に「内地」で行われた博覧会は大衆娯楽·消費文化の場として定着しつつあったが、朝鮮では初めて体験する「近代」の空間であった。その名称は共進会と称されたものの、準備過程において部分的に修正され、「内地」で定着している博覧会の要素を併せ持つようになっていた。
寺内朝鮮総督は在朝日本人社会に対し朝鮮人に対する「同化」や「指導」を強調しており、朝鮮物産共進会はその建前的なスローガンに相応しい催しであった。「内地」で大衆娯楽化していた内国勧業博覧会型の博覧会ではなく、朝鮮内で生産された産物を展示·表彰し、その改良を目指す共進会の形式が選択された理由はここにあった。
共進会の会場を訪れた日本人の多くは、本来の開催目的である朝鮮の物産品より、施政五年間の成績を視角化した展示施設に魅了されていた。優秀な産物を表彰し、朝鮮の殖産興業を図るという共進会本来の主旨とはかけ離れた総督府施政の成果に日本人は強い印象を受けていたのである。これには言うまでもなく、「新旧の比較」によって日本帝国の朝鮮支配の正当性をその目で確認したいという、欲望の視線が働いていた。また、共進会に対する日本人社会の協賛活動は、朝鮮人に対する「同化」や「指導」といった「内地人の責務」からは程遠い、共進会を梃子にした景気改善への期待感がその背景にあった。

KCI등재

3역사 속 재일조선인 의료와 복지의 한계-현재의 코로나19 속 상황에서 1920년대 전반 오사카방면위원회의 존재적 한계 보기-

저자 : 김인덕 ( Kim In-duck )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 87-118 (32 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

現在地球はコロナ19の危機の中にある。こうした危機は本質的であり、我々の暮らしの現像的側面に対する部分的、臨時的、外面的収集策では絶対克服できないという事実を感知しなければならない。公害と感染、自然の破壊、そして伝染病の伝染につながる現像は、韓国の社会が自然環境であるという側面の本質的制限である。このような問題は個人の次元ではなく社会的、ひいては地球的次元のことと、歴史的、特に哲学的論議は切實といえる。
歴史の中で見ると、伝染病と社会福祉は国家と資料の問題のみにの位置づけにはならない。特に在日朝鮮人にとって社会福祉は外傷的に存在したと見える。歴史的に見ると、国家と資料を統制しなければ、破局の道を歩んでしまった記録が多く存在する。とりわけ軍国主義日本がこれを示す代表的存在と思う。
生は死を前に提議するときに本源的意味があるといえる。こんな人間は構造の中の日常を生きてゆく。在日朝鮮人にとってその世界は単純構造ではなく、集團的統制の中で共同体構成員として生きていったのである。彼らにとって日常は罪の悪に思えるかもしれない。
渡港した在日朝鮮人は、都市の下位社会に編入された。彼らは部落民と同等な水尊であるか、これを下回る困難層として存在した。彼ら在日本人の暮らしは始まりからトラウマだった。日常で彼らが安全な居住空間を確認保するのは絶代容易ではなかった。すると、在日朝鮮人は社会福祉の対象で在らなければならなかった。
しかし、方面委員会を通して大阪府の社会福祉事業は、朝鮮の人々を構造的かつ本質的に差別し、社会福祉の名前は無実であった。結局、在日朝鮮人は、社会福祉と医療の死角地に存在しなければならいた。
このように、日帝は帝國の構造の中で、植民主義を被壓迫狀態の植民地民に制して日本社会の中在日朝鮮人を福祉以外の空間に位置づけていった。どうやら、大阪府の方面委員会は、その実とすることができる。在日朝鮮人は対象化されている中で、統制の対象として存在した。この研究は、日常の医療と福祉の植民地的限界と、統制構造の反人道と危險性を指摘するための小さな試みです。

KCI등재

41980년대 한일 지식인 교류와 역사인식-요미우리신문사 주최 '일한좌담회'를 중심으로-

저자 : 박삼헌 ( Park Sam-hun )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 119-170 (52 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は、1980年代に「韓日·日韓新時代」の到来を向かえて、韓日両国の市民社会がどのように「韓日·日韓新時代」を構築したのかを、読売新聞社が1982年と1984年に企画した「日韓座談会」の歴史認識を分析したものである。その結果は次の通りである。
第一、企画背景には、1982年一次歴史教科書問題で発生した韓日の歴史認識の葛藤があった。しかし、ちょっと間違えば敏感であろうとする状況であったので、座談会は司会者を置かず、参加者たちが自由に議論する形式をとった。これは、参加者たちが多様なテーマに関して自由発言できるような環境になり、参加者たちの「意見」をより重視する意図で企画された座談会の性格をよく表われているのである。
第二、日韓座談会は、韓国側の参加者が通訳なしに日本語で座談できたということで、日本語または日本という文化的記号の暗黙的な「共有」がコミュニケーションの元に成なっている。これは韓国側の参加者が「日本の植民地支配を体で記憶する世代」であることで可能であった結果である。勿論、韓国側も日本側も日本の植民地支配に対しては批判的な「視線」を共有していた。しかしその「視線」は近代以降形成された「韓国」と「日本」という「ナショナリズム」の概念を克服できなかった、むしろ現存するお互いの「ナショナリズム」を認める地点で「合意」した座談会であった。
第三、日韓座談会では、朝鮮半島の分断という政治的な状況に関する暗黙的な「回避」が行われている。これは、左右というイデオロギーに基づいた「分断」という現実の政治、即ち『世界』で代表する北朝鮮よりの立場を守る日本の進歩的知識人とは意識的に「距離をおく」保守的知識人という「自意識」に、お互いの暗黙的な「合意」した結果とも言えるだろう。
以上のように、読売新聞社が企画した1982年と1984年の日韓座談会は、1980年代の日韓両国の市民社会が合意できる歴史認識の境界線が韓日両国の保守主義であったことを示しているのである。

KCI등재

5재일본 조선학교 사회과 교과서의 연도별 비교분석-1970년대 이후 중급 3학년 과정을 중심으로-

저자 : 김명희 ( Kim Myung-hee )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 171-206 (36 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本研究は1970年代以降に出版された4冊の朝鮮学校中級3年生の社会科教科書により朝鮮学校社会科教育の変化について考察した。研究方法はキーワード頻度分析と質的分析を並行した。
社会科の教科書は表紙から変化が確認された。教科書の編成も金日成の教示と説明のためのものから、現代の人々の生活と日本社会、そして在日朝鮮人の社会を学ぶシステムへと次第に変貌していった。
内容的な面では在日朝鮮人をめぐる3国、つまり韓国と北朝鮮、そして日本に関する記述を中心に分析した。「南朝鮮」と「祖国」に関する内容は2005年の教科書以前までは減少し続けたが、これは韓国と北朝鮮の内容が次第に縮小していったことを意味する。特に、韓国の内容は1994年の教科書からは消えた。南朝鮮と関連した内容は2000年6.15南北共同宣言の発表と在日朝鮮人社会の形成に関する内容が追加され、2005年教科書に再び登場した。北朝鮮の内容は、第5次教育課程から日本社会と世界に関する内容が増加し、相対的に減少している。実際の北朝鮮を意味する時は「祖国」よりは「共和国」という単語を使った。日本に関する内容は1994年以前まではほとんど取り扱われていなかったが、第5次教育課程から次第に増加していった。本研究は朝鮮学校の教科書の中で比較的研究が少なかった社会科教科書を対象に体系的な分析を試みたことに意味がある。

KCI등재

6근대일본의 스포츠를 둘러싼 정치학과 식민지 조선-스포츠담론의 행방과 '국민의 신체'-

저자 : 황익구 ( Hwang Ik-koo )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 207-247 (41 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

This thesis examines how modern Japan's perception of sports and sports activities functioned and developed in colonial choseon. Also, in this process, we examined what kind of sports discourse was involved in the process of cultivating the body of the colonial Koreans into a regulated “national body” by Imperial Japan.
Initially, the athletics competition between Japan and Germany, which was held for the purpose of national integration and nationalism enhancement of imperial Japan, overcoming inferiority complex to the West, and restoring self-confidence, was held in colonial Choseon as the physical of imperial Japan. It added the purpose of propaganda to promote the physical superiority of Imperial Japan and the legitimacy of colonial rule.
In addition, the nationalism of colonial Choseon, which had been increasing with the victory of Sohn Kee-chung at the Berlin Olympics marathon, produced a state of conflict with the nationalism of Imperial Japan. However, the limits of the suppression of colonial power and the magnetic field of control could not be get over.
In particular, sports in colonial Joseon were transformed into a means of fulfilling the political demands of imperial Japan by presupposing the purpose of imperial mythology and strengthening combat power due to the emergence of the colonial rule of ideology of being unified and the deepening of the war system.
In the end, the sports promoted and pursued by Imperial Japan in colonial Joseon functioned as a device to regulate the individual body as the “The Body of the Nation”. It can be said that it was used as a mechanism for converting individual values into national values through increased combat power.

KCI등재

7당사자의 증언과 기억을 전승하는 서사 전략-김석범의 「남겨진 기억」을 중심으로-

저자 : 조수일 ( Cho Su-il )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 249-276 (28 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は、金石範自身に語り継がれた済州4·3事件の証言を初めて形象化した1975年作「遺された記憶」を読解した。まず、冒頭分析を通して「私」が読者の想像力に働きかける語りの中で生成されることを明らかにした。物語の結末部における語り手「私」の死と枠物語化するが、それは死者の声がどのように生者に語り継がれるかを示す装置であり、死者をして語らしめたことの露呈であると捉えた。次いで、〈遺された記憶〉は、単純に宋東丘の記憶が息子の宋有根に残されたということだけを意味しない点を解き明かした。宋有根の語りにおいて伝聞として語り継がれる宋東丘の記憶は、ただ単に彼の網膜に刻まれた〈遺された記憶〉ではなく、それを越えた身体と精神の、つまり全身全霊の感覚に<遺された記憶>であることを読み取ることができた。最後に、済州4·3事件に生み出された密航者である作中人物の共通項の背面には、各々が思い起こされたことに対して語り得ることと語り得ないこととの間で揺れ動く格闘があり、読者は小説表現の空白に光を当て、想像力をもって向き合っていくべきであることを指摘した。

KCI등재

82000년대 일본사회 저항적 목소리의 '재생'과 문예지 『전야(前夜)』-재일사회와 일본사회 사상적 문화 교류의 맥락에서-

저자 : 이승진 ( Lee Seung-jin )

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 277-308 (32 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

초록보기

本稿は在日社会と日本社会の文化交流の様相を俯瞰し、文芸誌『前夜』の創刊を進めた時代状況と雑誌の全般的な志向を考察したものである。
1990年代を経て、日本社会は急速に右傾化している。偏ったメディア環境や政治地形は、ネット右翼の誕生のような現象を生み出し、日本の少数者にとって、脅威的な環境を造成しているといえよう。殊に、日本政府の「国民国家の再編成」への欲望は、在日朝鮮人、沖縄人、女性、外国人労働者に対する大衆の嫌悪感情をあおる要因となっている。このような雰囲気に抗し、2004年、「文化による抵抗」を標榜し、一つの雑誌が登場する。日本国内の進歩勢力が連帯して「領域を横断する批評」を実験した『前夜』がそれである。雑誌の構成員にとって、2000年代の日本は、その昔、社会主義革命を夢見た人々の前に置かれていた、帝国主義の姿とあまり変わらなかった。「国民国家」の源流に対する彼らの執拗な追跡は、日本の厳酷な現実が歴史的省察なしに、再び繰り返されているという診断によるものであった。『前夜』が発信した抵抗的な声が現代日本社会にどの程度影響を及ぼしたかは、長い時間が経った今でも明瞭ではない。が、2000年代の初めに彼らが投げかけた叫びは、日本社会が直面している数多くの矛盾に対する確な異議申し立てであり、その意味で日本のメディア史または文化史の片隅に、鮮明な足跡を残したという事実は否めないといえよう。

KCI등재

9<서평> 모리사키 가즈에(森崎和江), 『경주는 어머니가 부르는 소리』, 글항아리, 2020년

저자 : 최영호

발행기관 : 한일민족문제학회 간행물 : 한일민족문제연구 40권 0호 발행 연도 : 2021 페이지 : pp. 309-331 (23 pages)

다운로드

(기관인증 필요)

키워드 보기
초록보기
1
발행기관 최신논문
자료제공: 네이버학술정보
발행기관 최신논문
자료제공: 네이버학술정보

내가 찾은 최근 검색어

최근 열람 자료

맞춤 논문

보관함

내 보관함
공유한 보관함

1:1문의

닫기